本文へスキップ

群馬大学理工学府分子科学部門 飛田研究室

Gunma University
1-5-1 tenjin-cho, kiryu-shi, Gunma, 376-8515, Japan
















光は太陽光エネルギーに代表されるように地球上のエネルギーの源であり、私たちが生きていくためにはなくてはならないものです。太陽光エネルギーは、やがて枯渇してしまう石油資源に代わる代替エネルギーとしてその有効利用が求められています。一方、光が全くない暗闇ではモノを見ることができません。光は私たちに情報を伝える働きももっています。光エネルギーの有効利用や光による情報伝達は光と物質が相互作用することによって行われます。私たちの研究室では、この光と物質の相互作用を光化学の手法を使って分子レベルで研究しています。また、この研究成果を利用し、生きた細胞や組織を光らせる“発光プローブ”とよばれる分子の開発を行っています。



更新履歴

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

Tobita Laboratory群馬大学理工学府

〒376-8515
群馬県桐生市天神町1-5-1
桐生キャンパス
理工学府分子科学部門

copyright©2015 Tobita Laboratory all rights reserved.

ようこそ!あなたはアクセスカウンター人目の
訪問者です!

文化祭で約100人の人が見てくれました!